日本の文化を習おう!
 

三味線

三味線は日本の有棹弦楽器です。もっぱらはじいて演奏さえる撥弦楽器で、四角状の扁平な木製の胴の両面に皮を張り、胴を貫通して伸びる棹に張られた弦を、通常イチョウ型のバチで弾き演奏します。

三味線とは

成立は15世紀から16世紀にかけてとされ、和楽器の中では比較的歴史が浅い楽器と言えます。基本的にはヘラ状のバチを用いますが、三味線音楽の種目により細部に違いがあります。近世邦楽の世界、特に地歌・筝曲の世界などでは「三弦」または「三絃」(りょうほうとも読みはさんげん)と呼称し、表記することもあります。雅語として「三つの緒(みつのお)」と呼ばれることもあります。また、沖縄県や鹿児島県奄美群島では「三線(さんしん)」とも呼びます。楽器本体は糸倉にあたる「天神」、ネックにあたる「棹」、ボディにあたる「胴」から成ります。

棹は上棹、中棹、下棹の三つに分割できるものが多く、このような棹を「三つ折れ」といいます。これは主に収納や持ち運びが便利なため、また棹に狂いが生じにくくするためです。分割されていないものもあり、「延棹(のべざお)」と呼ばれています。逆に五つ以上に分割できるものも存在しています。素材には高級品では紅木材(インド産)を用いますが、紫檀、花林材(タイ・ミャンマー・ラオスなどの東南アジア産)の棹もあります。以前は樫や桑製のものも多く存在しました。最近一部ではスネークウッドを使う事もあります。特殊なものとして白檀や鉄刀木(たがやさん)を使う事もあります。固く緻密で比重の高い木が良いとされています。

胴はすべて花林製ですが、昔は桑やケヤキのものもありました。上級品では内側の面に鑿で細かな模様を一面に彫りんだ「綾杉」というものもあり、この細工が響きを良くするといわれています。革は一般に猫の腹を使用していましたが、高価な事と生産量の減少により現在は稽古用など全体の7割程度が犬の革を使用しています。また津軽三味線は例外を除き犬革が使用されています。合成製品を使用する場合もありますが、音質が劣るためあまり好まれません。雌猫は交尾の際に雄猫に腹を引っ掛かれてしまうため雌猫の皮を用いる場合は交尾未経験の固体を選ぶことが望ましいといわれていますがこれは間違いで、実際には交尾前の若猫の皮は薄いため、傷の治ったある程度の厚みのある皮を使用することが殆どです。

糸とさわり

糸は三本で殆どが絹製です。津軽三味線に関しては、ナイロン・テトロン製の糸を用いる事もあります。太い方か順に「一の糸」「二の糸」「三の糸」と呼びます。それぞれ様々な太さがあり、三味線音楽の種目ごとに使用するサイズが異なります。通常、一の糸の巻き取り部の近くに「さわり」と呼ばれるしくみがあります。これは一の糸の開放弦をわずかに棹に接触させることによって「ビーン」という音を出させるためのもので、倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす効果があります。これによって発する音は一種のノイズで、三味線の音には欠かせないものでもあります。「さわり」の機構を持つ楽器は琵琶など他にもありますが、三味線の特徴は一の糸のみに「さわり」がついているにもかかわらず、二の糸や三の糸の特定の押さえる場所にも、共鳴によって同様の効果をもつ音があることです。これにより響きが豊かになるとともに、調弦の種類により共鳴する音が変わるので、その調弦法独特の雰囲気をかもし出す要因ともなっています。

歴史

三味線は楽器分類学上「リュート属」に属し、その中でも胴に長い棹を差し込んだ形状をしており、このような楽器は世界各国に見られ、ギターやシタールも同じ仲間とみなされています。一方同じリュート属でも琵琶やリュートなど棹と胴が一体化もしくはそれに近いものがあり、それらとは別の系統とされています。楕円形の胴に革を張り、棒状の長い棹を取り付けたリュート属弦楽器は、すでに古代エジプトの壁画に見られます。しかしこれが三味線の直接的な祖先かどうかは分かりません。一方同じような楽器が中国秦代にも現れ、やがて奚琴となり、トルコ族によって中東に伝えられてラバーブになりました。このラバーブが後に中東及びイランのセタールとなったという説があります。セタールには「三つの弦」という意味があり、これが三味線の祖先とされています。のちに中国に入り三弦が生まれます。三弦は琉球王国と中国との貿易により琉球にもたらされ、宮廷音楽に取り入れられて三線となりました。これが三味線の原型という説が一番有力な説であるといわれています。後に琉球処分により琉球王国は日本国に併合されたため、沖縄県では今でも方言の「サンシン」と、日本語の「シャミセン」との二つの呼称が残っています。16世紀末、琉球貿易により堺に中国の三弦がもたらされ、短期間のうちに三味線へと改良されました。豊臣秀吉が淀殿のために作らせた三味線「淀」が現存していますが、華奢なものの既に基本的に現在の三味線と殆ど変わらない形状をしています。外国楽器である三弦から三味線への改良に関しては、当道座の盲人音楽家との関連が重要です。三弦が義爪を使って演奏していたのを改め、三味線の弾奏に彼らが専門としていた「平家琵琶」のバチを援用したのもそのあらわれです。また琵琶の音色の持つ渋さや重量感、劇的表現力などを、本来どちらかといえば軽妙な音色を持つ三味線に加えるために様々な工夫がなされたものと思われます。とくに石村検校は三味線の改良、芸術音楽化、地歌の成立に大きく関わった盲人音楽家だといわれています。こうして軽重哀楽をさまざまに幅広く表現することのできる楽器となり、江戸時代に入るとすぐ、石村検校らによって最初の三味線音楽種目である地歌が生まれます。また語り物である浄瑠璃にも取り入れられ、三味線音楽は「歌いもの」「語りもの」の二つの流れに大きく分かれ、更に文化を繰り返して発展していきます。また都市の芸術音楽から流行歌、やがて地方の民謡にまで盛んに使われるようになり、こうして様々な近世邦楽をリードし支え、それと同時に更なる改良が加えられ、日本を代表する弦楽器となったのです。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

調弦

三味線には複数の調弦パターンがあり、曲によって、また曲の途中でも調弦を変化させます。調弦法が多種あるのは、異なる調に対応するためと、響きによる雰囲気の違いのためです。基本の調弦は次の通りです。

本調子・・・
一の糸に対し、二の糸を完全4度高く、三の糸をオクターブ高く合わせます。一の糸がCならば二の糸はF、三の糸は高いCとなります。
二上り・・・
一の糸に対し、二の糸を完全5度高く、三の糸をオクターブ高く合わせます。本調子の二の糸を上げるとこの調子になることからこの名前で呼ばれています。音はC-G-Cとなります。
三下り・・・
一の糸に対し、二の糸を完全4度高く、三の糸を短7度高く合わせます。本調子の三の糸を下げるとこの調子になることからこの名前で呼ばれています。音はC-F-B♭となります。

三味線の種類

三味線の種類は大きく分けると細棹・中棹・太棹の三種類に分けることが出来ます。この三種類のなかでも伴奏する内容に合わせていくつかの種類に分けられます。

細棹

長唄三味線・・・
象牙製のバチを用いて演奏します。歌舞伎音楽などで使用される細棹です。

中棹

  • 常盤津三味線
  • 清元三味線
  • 地歌三味線・・・高いポジションを多用するため、棹の胴との接合部が他の三味線とは異なっているのが特徴です。
  • 新内三味線・・・爪を用い、立って演奏する「新内流し」で知られる三味線です。

太棹

  • 義太夫三味線・・・大きく厚いバチを使います。浄瑠璃などで使われる三味線です。
  • 津軽三味線・・・先端が鼈甲製の小ぶりのバチを用います。津軽民謡の伴奏に使用される三味線です。
  • 浪曲三味線

そのほか

柳川三味線・・・
三味線の最も古い形で、細棹よりもさらに細いのが特徴です。
三線・・・
沖縄県と鹿児島県奄美群島で用いられている三味線です。日本本土のものより小型でスケールも短く、インドネシアニシキヘビの皮と黒檀製朱塗りの棹に特徴があります。バチも水牛の角で作られた爪や、竹を薄く削った細い棒状のものを使って弾きます。
ゴッタン・・・
鹿児島県と旧薩摩藩の影響下にあった宮崎県都城市に残る楽器です。杉板で作られ、皮を張らずに板張りされています。

伴奏を超えた演奏

三味線は長らく歌や他の楽器との伴奏の一つとして知られていました。しかし、津軽三味線でお馴染みの「吉田兄弟」などの演奏がメディアで取り上げられるようになり、三味線それ自体の演奏が見直されるようになってきています。どこか懐かしく暖かい音色と、それとは対照的な力強い演奏が三味線の最大の魅力だと思います。最近では海外でもその音色に魅了される人が増えているようです。楽器は難しいのではと思われがちですが、難しい分やりがいがありますし、練習すればした分だけ上達しますので、頑張りがいがあります。

学んでお稽古

圏内で探す、カルチャー教室
上に戻る
日本の文化を習おう!