日本の文化を習おう!
 

着付け

成人式や結婚式、子供の七五三のときやお葬式など、現代でも着物を着る機会は意外と多いものです。そんな時、自分でバシッと着物を着こなせたら・・・と思ったことはありませんか?着物はフォーマルな場にも、カジュアルな場にも合わせやすい日本の伝統の服です。着付けを覚えて着物美人に変身しましょう。

着付けとは

和服を着用させること、または和服を着用することを、着付けといいます。着付けには履物を履くことも含まれます。現在では美容院で着付けをする事が多いため、髪結いと着付けはセットで行われますが、髪結いは着付けの意味には含まれません。髪結いは着付けよりも前に行うことも、後に行うこともあります。着付けには、自分一人だけで行う方法と、他者に手伝ってもらいながら行う方法があります。和服を着ることを、和装ともいい、着付けをする人を着付師と呼びます。女性の和服の着付けは一般に考えられているより難しくはありません。ですが、決まった手順があるので慣れが必要です。そのため着付けの本があり、着付けを教えるための学校が全国に多数存在します。着付けの学校では、女性用の和服の着付けを一般的に教える授業料と、着付を手伝う手数料が、学校にとっての大きな収入源となっています。世界の中で、自国も民族服の着用の仕方を教えるための学校が全国に多数存在し、かつ着付けを教える人に資格を与えるという国は日本だけです。ただし、これらの着付け教室や着付け学校が生まれたのは戦後のことです。

和服は右前

男性用でも女性用でも、和服を着る際は手を袖に通した後、右のおくみを体につけてから左のおくみをそれに重ねます。このことを、左よりも右を時間的に前に体に付けることから、「右前」といいます。男女共に右前なのは、洋服と異なる点です。なお、世界的に見れば洋服のように男女で打ち合わせが異なる方が特殊です。日本でなぜ和服を右前にするのか、またいつから右前にするようになったのかについては、諸説があります。時期については、「続日本紀」によると、719年に、全ての人が右前に着るという命令が発せられたとの記述があります。これはその当時手本としていた中国において右前に着ることが定められたのでそれに倣ったものと言われています。中国で左前にする事が嫌われた理由は、「蛮族の風習であるため」とされていますがこの蛮族というのは北方に住む遊牧民達のことで、彼らは狩猟を主な生活として行う上で弓を射やすいという理由で左前に着ていたのだそうです。農耕民である漢民族とは全く違う暮らしをし、しばしば農耕民に対する略奪を行っていた遊牧民達は、中国古代王朝にとっては野蛮で恐るべき存在であり、これと一線を画することを決定したという説があります。それまでは中国でも日本でも左前に着ていた時期が存在します。また一説によると、一般的に右利きが多く、闘いなどの際右手で刀を抜き易いように腰の左側に刀を差すことが多いため、刀を鞘から抜こうとするとき、もし和服を左前に着ていた場合、抜こうとした刀が自分の右から流れている衿に引っ掛かってしまうことがないように、和服を自分の左から右に流れている右前に着るようになったのだといいます。また、死者に死に装束を着せる場合、通常と反対に左前に着せますが、これは「死後の世界はこの世とは反対になる」という思想があるためだと言われています。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

着付けの順番

準備

縮緬類は半紙を四つ折りにして三つ襟の中に挟み、針で留めます。重ね着の場合は下着の襟だけを入れ、上下の背縫いを合わせて一針留め、襟先も重ねて襟の付け根を一針留めます。長襦袢には半衿をつけておきます。場合によっては半衿の中にプラスチックなどの芯を入れることもあります。腰帯、下締類は並幅三つ割を芯なしで縫ったものが、最も解けづらいためよいとされています。

長襦袢

まずは肌着の上に長襦袢を着ます。衣紋を抜き、下締を2回巻いて結ばずに前で潜らせておきます。

着物

長襦袢を着たら、次に着物に手を通して両手で襟先を持ち、上前襟先が右腰骨の上にくるまで前を合わせ、座礼の場合襟先が後に回るくらい深く合わせます。下帯は腰骨の上の辺りに締め、右横で結び、手を入れて「おはしょり」を伸ばし、衣紋を作り、襟はあまり広げずばち襟ほどにして、下締を締めます。身八ツ口から手を入れておはしょりを整えて伊達巻を巻きます。

最後に帯を絞めます。帯のかけの長さは前に回して左腰骨に来るくらいがいいでしょう。丸帯は縫い目が外になるように二つ折りにすれば模様が前にきます。帯揚は盛装では大きめがよく、羽織下では低いほうがいいとされています。若い人があまり低い帯揚をしているのは嫌われるので気をつけましょう。

着付け教室の選び方

今や全国各地に見ることができる着付け教室。沢山ありすぎてどれを選んだらいいのか分からないという方も多いと思います。着付け教室を選ぶ際には、以下のことをポイントに探してみてください。

見学

百聞は一見にしかずです。口コミやホームページなどを見ただけでは、その教室の雰囲気や先生と生徒の関係、授業の進め方など分からないことが多いと思います。事前に見学のできる着付け教室は、それだけ授業に自信を持っているということです。面倒でも一度足を運んでみて、その教室が自分に合っているか、生徒さんたちに馴染めそうかどうかなど、見て感じてみることが大切です。

勧誘や強制がない

一部の悪徳な教室では、無料見学に来たお客さんを強引に勧誘したり、特殊な器具を教材として強制的に買わせたりするところもあります。高価な着物や帯を買わされてしまったという相談も国民生活センターに寄せられているようです。このような悪徳業者に捕まらないためにも、事前に口コミを調べたり、可能であればその教室に実際に通っている生徒さんにお話を聞くのもいいかもしれません。

集団授業と少人数授業

着付け教室では沢山の生徒さんに対し先生が一人で教える集団授業と、二・三人の生徒さんに先生一人という少人数制の授業があります。集団授業では沢山の人とふれあえるというメリットがあり、少人数では先生とのコミュニケーションが取りやすい点、苦手なところを重点的に教えてもらえる点などがメリットといえます。どちらがいいかはお好みにもよりますので、教室の先生に相談してみたり、見学で様子を見てみたりして自分にあった教室を見つけてください。

明朗会計

着付け教室では月謝の他に、着付けを手伝ってもらう手数料や、必要なもの(肌着や長襦袢など)の経費がかかります。通っているうちにあれもこれも買わされたとなると困ってしまいますので、月謝はいくらなのか、月謝の他にかかる経費、必要な道具の値段など、事前にきちんと分かる教室を選ぶといいでしょう。

着物の貸し出し

お着物を持っていないけれど、着付けを覚えたいという方のために、練習用着物を貸し出してくれる教室もあります。一部の教室では無料で貸し出しを行っているところもありますので、気軽に始められますね。着物の値段はピンきりなので、着物初心者の間は練習用の着物があると大変助かります。着付けをマスターしたら、ぜひ自分の着物を仕立ててみてください。

和装美人になろう

銀座などを歩いていると、たまにお着物を着たご婦人を見かけます。ピシッと着こなしていてカッコいいなといつも憧れるのですが、着物を自分で着るなんて大変そうだし、ただ歩くだけでも疲れてしまいそうなイメージがあったので敬遠していました。ですが、一度体験で着物を着てみたら、着心地も良く、背筋がシャンとしてとても気持ちよくて、まんまと着物に魅了されてしまいました。そんなわけで着付け教室に通うようになったのですが、習ってみると思ったより簡単で、そして何より楽しいんです。帯の結び方や美しく見せるポイントなど奥が深くてやりがいがあります。いつか和装で銀座を歩けたらいいなと夢見て、今日も練習に励んでいます。

学んでお稽古

圏内で探す、カルチャー教室
ブラジリアンワックス脱毛 | ブラコレ脱毛の方法 脱毛完了後、皮膚に残ったワックスを取り除き、保湿して仕上げます
上に戻る
日本の文化を習おう!