日本の文化を習おう!
 

香道

香道とは日本の伝統的な芸道で、一定の作法のもとに香木を焚き、立ち上る香りを鑑賞するものです。「香あそび」と呼ぶこともあります。香木の香りを聞き、鑑賞する「聞香(もんこう)」と、香りを聞き分ける遊びである「組香(くみこう)」の二つが主な要素です。あまり知られていない習い事ですが、香道も日本の伝統的な文化でとても面白い習い事ですよ。人とは違った習い事がしたい、個性的な趣味を持ちたいという方にとってもオススメです。ちなみに香道においては香を「聞く」と表現するのが正式であり、「嗅ぐ」という表現は不粋とされています。

香道の歴史

日本書紀によると、香木は推古天皇3年(595年)に淡路島に漂着したといわれています。その後、宗教、主として仏教の儀礼で香木が焚かれるようになりましたが、平安時代になると宗教儀礼を離れて、香りを聞いて鑑賞するようになり、薫物合わせ(たきものあわせ)などの宮廷遊戯が行われるようになりました。芸道としての香道が確立したのは室町時代の東山文化の頃で、茶道や華道が大成するのとほぼ同時期に香道の作法も整い、現在の形に近いものになったと考えられています。この頃、それぞれに異なる香りを有する香木の分類法である「六国五味」なども体系化されました。

香の焚き方と聞き方

香道においては、線香等のように直接点火する香はあまり用いられません。多くは聞香炉に灰と、おこした炭団を入れ、灰を形作り、その上に銀葉という雲母の板をのせ、数ミリ角に薄く切った香木を熱し、香りを発散させる方式がとられます。銀葉を灰の上で押すことにより、銀葉と炭団の位置を調節します。これにより伝わる熱を調節し、香りの発散の度合いを決めます。香りを聞くときには、左手の上に聞香炉をおき、親指を縁に掛け、香炉を反時計回りに回して肺の上に記される「聞き筋」を自分とは反対の側へ向け、右手を筒のようにして香炉の上に覆い、その間に鼻を近づけて香を聞きます。

組香(くみこう)

組香とは、ある一定のルールに即した香りの楽しみ方の一つです。文学的要素から一般教養など、多種多様の分野に取材したルールにそって香りの異同を当てるもので、非常にゲーム性に富んでいます。ただし、その本質は香りを聞き、日ごろの雑踏の外に身を置いて、静寂の中でその趣向を味わうことにあり、答えの成否、優劣を競うものではないとされています。季節感のある組香は、その季節に行われます。客の回答は執筆と呼ばれる記録係によって記録紙に書筆、記録され、最高得点を取った人はその記録紙を貰うことが出来ます。記録紙には、組香名、香銘、回答、成績、日付などが書き込まれます。

道具

香炉

聞香炉(もんこうろ)・・・
香を焚くための香炉です。
火取り香炉(ひどりこうろ)・・・
点前をするときに、炭団を入れて持ち運ぶために利用します。

七つ道具

香を焚きだすために使われる道具です。

銀葉挟(ぎんようばさみ)・・
・銀葉を扱うときに利用する特殊な形をしたピンセットのようなものです。香炉に載せるときに、銀葉を押さえるのにも利用するため、手に持ったときに下側になる挟の先の部分が平らになっているのが特徴です。
香筋(きょうじ)・・・
香木を扱うときに利用します。
香匙(こうさじ)・・・
香木を銀葉の上に載せるときに利用します。
鶯(うぐいす)・・・
組香において、香元(香木を扱う点前をする人)が香木を香炉に載せた後に、本香包み(答えが書いてある、香木を包んである紙)をまとめるのに利用します。
羽箒(はぼうき)・・・
香炉の灰を切るときに、香炉の縁についてしまった灰を掃除するのに使います。
火筋(こじ)・・・
灰を切ったり、炭団を扱うときに利用します。
灰押(はいおさえ、はいおし)・・・
香炉の灰を山形に整えるのに利用します。

盆・箱、関連品

点前の必需品を納めたり、様々な雑用に利用される道具です。

  • 乱箱(みだればこ)
  • 四方盆(しほうぼん)
  • 志野袋(しのぶくろ)・・・点前では、香包みをいれたりするために利用します。紐がついており、季節の花の形に結びます。
  • 長盆(ながぼん)
  • 重香合(じゅうこうごう)
  • 総包み(そうづつみ)

その他

  • 地敷き(じしき)・・・香元が点前をするときに道具を広げるところに敷く敷物です。
  • 香盤(こうばん)・・・札聞きと呼ばれる方法によって回答がなされるときに、答えを投票する板です。表は植物の絵、裏に一から三の文字が3つ、客が三枚の計十二枚が一セットです。
  • 銀葉(ぎんよう)
  • 名乗紙(なのりがみ)・・・回答を出すときに書筆する紙です。
  • 香包(こうづつみ)・・・香木を焚き出す前に包んでおく紙です。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

香道の流派

御家流(おいえりゅう)

三条西実隆を流祖とし、室町時代以来大臣家である三条西家によって継承された流派です。後に亜流は武士や町人などの地下にも流れました。戦後、一般市民の香道家・一色梨郷や山本霞月などにより、堂上御家流香道を継承していた三条西尭山が正式に近代御家流宗家として推戴され、三条西家の当主が御家流家元を継承しています。なお、御家流の香人は自信の流派を「当流」と呼んでいます。なお、一般には御家流とは各芸道ごとに、特定の流派を指す言葉です。

志野流(しのりゅう)

志野宗信を発端とし、4代目から現在の蜂谷家に引き継がれた流派です。2009年現在家元は第20世で、蜂谷幽光斎宗玄です。御家流と並んで現在の香道の主流を行く流派です。

米川流(よねかわりゅう)

東副門院に指南したことで知られる米川常伯を祖を仰ぐ志野流の分流で、大名家に広く支持されていましたが、維新廃藩によりその殆どが絶えています。現在、安藤家流として見ることができます。

その他の流派

  • 風早流
  • 古心流
  • 泉山御流
  • 香道翠風流
  • 香雅流
  • 香道御家流  霽月会
  • 香道直心流

雅な遊び、香道

香道は、簡単に言うと「香りを当てるゲーム」のような物です。何種類かの香を焚いて香りを覚え、本番ではどの香りの組み合わせになっているかを当てます。ただ当てるだけではなく、その香りを季節の花や景色に例えて発表しなければいけないという、とっても雅な遊びなんです。アロマテラピーなんかが流行るずっと前から日本で楽しまれてきた伝統ある遊びです。遊びとはいえ作法や決まりもありますので、和の立ち居振る舞いを学ぶ事も出来ます。茶道や書道では物足りないのいうかたにオススメの習い事です。

学んでお稽古

なんとなくアンダーヘア周辺を指すことは分かっても、厳密には何がどこにあたるのか把握できてない人って案外多いのではないでしょうか。ブラジリアンワックス b-wax.jp
圏内で探す、カルチャー教室
通常は肩ロースと呼ばれる部分、関西圏では「クラシタ」と呼んでいるのをご存知ですか? こちらの部位、なんと牛一頭から38gしか採取できない、超希少価値の高いお肉となっています。 そんな仙台牛 プレミアムクラシタもご注文できる! お値段と量には思わず納得できるので、気になる方はご注文を!
EARTHプランニングでは事前にお見積額を提示し、お客様にご納得・ご了解を得てからの作業ですので安心です。 千葉の不用品回収提示料金にご納得がいかない場合はご遠慮なくお断りしてください!
上に戻る
日本の文化を習おう!