日本の文化を習おう!
 

都々逸

都々逸って聞いたことあるけど何のことかさっぱりわからない・・・そんな人も多いのではないでしょうか。私も最初はそうでした。何の知識もないまま、ただなんとなく響が面白いからという理由だけで始めた都々逸ですが、やってみると奥が深くて楽しいんですよ!

都々逸とは

都々逸は江戸末期に初代の都々逸坊扇歌によって大成された口語による定型詩です。七・七・七・五の音律数に従ってかかれます。元来は、三味線と共に歌われる俗曲で、音曲師が寄席や座敷などで演じる出し物でした。主として男女の恋愛を題材として扱ったため情歌とも呼ばれています。七・七・七・五の音律数に従うのが基本ですが、五字冠りと呼ばれる五・七・七・七・五という形式もあります。

作品例

惚れて通えば 千里も一里 逢えずに帰れば また千里

この酒を 止めちゃ嫌だよ 酔わせておくれ まさか素面じゃ 言いにくい

浮きな立ちゃ それも困るが 世間の人に 知らせないのも 惜しい仲

三千世界の 鴉を殺し ぬしと添い寝が してみたい

逢うて別れて 別れて逢うて 末は野の風 秋の風 一期一会の 別れかな

発祥

扇歌が当時上方を中心に流行っていた「よしこの節」を元に、「名古屋節」の合の手「どどいつどどいつ」を取り入れたという説が有力です。名古屋節は名古屋の熱田で生まれた神戸節(こうどぶし)が関東に流れたもので、音律数も同じであることから、この神戸節を都々逸の起源・原形と考えるむきもあります。実際、名古屋熱田区の伝馬町には「都々逸発祥の地」碑があります。都々逸が広まったのは、扇歌自信が優れた演じ手であっただけでなく、その節回しが比較的簡単であったことが大きいといわれています。扇歌の時代の江戸の人々は生来の唄好きであったため、誰でも歌える都々逸が江戸庶民に受け入れられ、いわば大衆娯楽として広まりました。

七・七・七・五の形式について

今では、七・七・七・五という音律数自体が都々逸を指す言葉として認知されているほどですが。都々逸がこの形式のオリジナルというわけではありません。都々逸節の元になったよしこの節や名古屋節の他にも、潮来節(いたこぶし)、投節(なげぶし)、弄斎節(ろうさいぶし)などの甚句形式の全国各種の民謡があげられます。都々逸はこれらの古い唄や他の民謡の文句を取り込みながら全国に広まりました。そのため、古くから歌われている有名なものの中にも別の俗謡などから拝借したとおもわれる歌詞がみられます。例えば、「恋に焦がれて 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が 身を焦がす」という歌は「山家鳥虫歌」にも所収されていますし、「松の葉」にもその元歌らしき、「声にあらわれ なく虫よりも 言わで蛍の 身を焦がす」という歌があります。また、七・七・七・五はさらに(三・四)・(四・三)・(三・四)・五という音律数に分けられることが多く、この構成だと最初と真中に休符を入れて四拍子の自然なリズムで読み下せます。例えば先ほどの歌なら、「△こいに こがれて なくせみ よりも△△なかぬ ほたるが みをこがす△△△」となります(△が休符)。なお、この最初の休符は三味線の音を聞くためとの説があります。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

寄席芸としての都々逸

近年の邦楽の衰退と共に、定席の寄席でも一日に一度も都々逸が歌われないことも珍しくなくなったのですが、少なくとも昭和の中頃までは寄席では欠かせないものでした。特に得意にしていた芸人として、柳家三亀松や都家かつ江が挙げられます。即興の文句で節回しも比較的自由に歌われることも多いのが特徴です。俗曲として歌われる場合は、七・七と七・五の間に他の音曲のさわりや台詞などを挟みこむ「アンコ入り」という演じ方もあります。都々逸が比較的簡単なものだけに、アンコの部分が演者の芸の見せ所でもありました。また、しゃれやおどけ、バレ句なども数多くあるので、演者が楽器を持つ時代の漫才のネタとして、あるいはネタの形式として使われることも少なくありませんでした。

作品例

ついておいでよ この提灯に けして(消して)苦労(暗う)はさせぬから

あとがつくほど つねっておくれ あとでのろけの 種にする

あとがつくほど つねってみたが 色が黒くて わかりゃせぬ

はげ頭 抱いて寝てみりゃ 可愛いものよ どこが尻やら アタマやら

文芸形式としての都々逸

元来から創作も広く楽しまれていた都々逸でしたが、明治の頃から唄ものをはなれた文芸形式としても認識されるようになりました。都々逸作家と称する人々も現れ、新聞紙上などでも一般から募集されるようになりました。なかには、漢詩などのアンコ入りも試みたものもあります。

作品例

ねだり上手が 水蜜桃を くるりむいてる 指の先(田島歳絵)

ぬいだまんまで いる白足袋の そこが寂しい 宵になる(今井敏夫)

あせる気持ちと 待たない汽車と ちょっとずれてた 安時計(関川健坊鐘)

内裏びな 少し離して また近づけて 女がひとり ひなまつり(寺尾竹雄)

恋の花咲く ロマンの都 女ばかりに 気もそぞろ 夢もほころぶ 小意気なジルバ 君と銀座の キャフェテラス(サザンオールスターズ)

粋でいなせな恋の歌

都々逸は江戸の人たちが好んで歌っていた「恋の歌」です。決まったリズムに合わせて書かれた短い詩といえば、短歌や俳句がありますが都々逸もその一種といえるかと思います。ただ、短歌や俳句よりも、もっと簡単で庶民的なのが都々逸です。季語を入れる必要もないし、音律数以外にはこれといって決まりがあるわけでもないので、簡単にはじめることが出来ます。教室としては唄としての都々逸を教えてくれるものと、都々逸を自分で作ってみる教室とがあります。どちらも奥が深く、特に必要な機材もないので身一つで始められるのがメリットです。粋でいなせな都々逸の世界にあなたも触れてみてはいかがでしょう。

学んでお稽古

圏内で探す、カルチャー教室
"埼玉県さいたま市浦和区にある新進画家 田中拓馬の運営する絵画教室からお知らせです。埼玉県 絵画教室をお探しでしたら当教室でレッスンを受けてみませんか?東京など近郊エリアへの出張レッスンも受け付け中。
上に戻る
日本の文化を習おう!