日本の文化を習おう!
 

日本舞踊

日本舞踊は、日本のダンスの総称です。日本の伝統的なダンスである「舞」と「踊」を合わせたものです。近年、日本舞踊の国際化に伴い欧米諸国やアジアにもNihon Buyoといった呼称が定着しつつあります。

広義の日本舞踊

「舞踊」とは、明治のはじめに劇作家の坪内逍遥と福地桜痴が考案した翻訳造語の一つで、本来は英語の「dance」の和訳にあたります。造語の種類としては「田畑」や「恋愛」と同じ複合語にあたり、日本語の「舞」と「踊」の二字を結合したものです。逍遥が自著「新楽激論」でこの語を多用したことから読者を通じて一般に広まりました。やがて日本の伝統の「舞踊」と区別する必要性から「日本の舞踊」という表現が用いられるようになり、これが定着して今に至ります。日本の伝統的な舞踊は、大きく分けて舞い・踊り・振りの三種類に分けられます。

舞い

荘重な歌や音楽に合わせて、すり足や静かな動作で舞台を廻るものです。貴族的で舞台芸能として長い歴史を持ちます。

  • 宮廷の祭祀に奉納されるもの・・・雅楽、舞楽
  • 民間の祭礼において披露されるもの・・・神楽、田楽
  • 歌+舞の様式をとるもの・・・猿楽、白拍子、延年、曲舞、幸若舞
  • 舞台演劇化したもの・・・能楽

踊り

軽快な歌や音楽に合わせて、足を踏み鳴らして拍子を取りながら、動きのある手振り身振りでうねり回るものです。庶民的で、江戸時代になってから発達しました。

民衆の娯楽として発達したもの・・・
念仏踊り、盆踊り(阿波踊り、郡上踊り、西馬音内踊りなど各地に多数ある)

振り

歌や音楽に合わせて、日常的な動きやしぐさを舞踊として表現するものです。江戸時代に歌舞伎や人形浄瑠璃の発達にともなって派生しました。

屏風を立てた座敷で舞うもの・・・
上方舞
舞台演劇化したもの・・・
歌舞伎舞踊(所作事ともいう。浄瑠璃や長唄を伴奏に使って踊る。)

その他

比較的新しい舞踊として以下のものがあります。

日本武術を舞踊化したもの・・・
棒の手、剣舞、詩舞
近代以降の舞踊・・・
新舞踊、歌謡舞踊、吟詠剣詩舞

狭義の日本舞踊

日本舞踊には現在200を越える流派が存在します。その中でも特に、花柳流・藤間流・若柳流・西川流・坂東流を「五大流派」と呼んでいます。このほかにも現在継承されている日本舞踊の流派は多数あります。嘉永5年(1852年)に発行された番付には14流派が掲載されましたが、大正時代に急増し、第二次世界大戦後に分派化、創流がいっそう進み、日本舞踊協会加入が約120、未加入や新舞踊の流派を加えるとおびただしい数に昇ります。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

五大流派

花柳流(はなやぎりゅう)

全国に2万人の門弟を数える、日本舞踊の流派において最大とされている流派です。もともと西川流の舞踊家であった西川芳次郎が、師の西川扇蔵の病死によって起こった相続争いによって西川流を破門され、新たに「花柳」と改姓し興した流派です。「花柳芳次郎」の名前が初めて世に出たのが1849年であり、この頃に花柳流が成立したと見られています。「花柳」という名前の由来には諸説ありますが、通説では芳次郎が幼い頃から吉原に育ち、破門の後に一時芸妓に舞踊を教えた経験から、「花柳の廓」にちなんで付けられたということになっています。他の流派に比べて細かい間のリズムが重視され、舞よりも踊りを重視しているのが特徴です。

藤間流(ふじまりゅう)

1704年頃に藤間勘兵衛が創流した流派です。今日では「家元」勘右衛門派と、「宗家」勘十郎派の二派に大きく別れています。また勘右衛門派からは三世藤間勘右(七代目松本幸四郎)が出て松本流を派生するなど多くの流派が派生しています。衛門おおまかな振りの舞踊が特徴で、花柳流の細かい振り付けと対照的に比較されます。

若柳流(わかやぎりゅう)

1895年に若柳吉松(後の初代若柳寿童)により創流され、柳橋をはじめ花街に一大勢力を築き、寿童の後を継いだ初代若柳吉蔵によって日本全国に勢力を広めました。分家独立や勢力争いなどが元で、数多くの分派が存在しています。花柳界で発展したため、手振りが多く、品のある舞踊と評価されています。

西川流(にしかわりゅう)

元禄時代、あるいは1700年頃に創流されたとされ、日本舞踊の流派の中では最も古い歴史を持ちます。流派を興した初代西川仙蔵は、能の囃し方から歌舞伎の鳴物師となった人物であり、その後に振付師として西川流をおこしました。その門弟であった二代目は「扇蔵」と名を改め、江戸三座の振付師として活躍し、「関の扉」などの代表作を出しました。以後、宗家家元は代々「西川扇蔵」を名乗り、「勧進帳」などを振付し、名人と称された四代目など、代々名作の振り付けを担当しました。

坂東流(ばんどうりゅう)

文化文政(1804~1830年)の頃の歌舞伎役者・三代目坂東三津五郎を流祖とする流派です。「浅妻船」「傀儡子」「源太」「玉兎」「汐汲」「まかしょ」など、三代目が初演した作品の中には現在も日本舞踊の定番として広く親しまれているものも少なくありません。単に踊るだけではなく、作品を常に演劇的にとらえ、演じることを大切に扱うところがこの流派の特徴です。

大和撫子を目指して。

日本の美しい文化を学ぶことが出来る日本舞踊。踊りそのものだけでなく、美しい立ち居振る舞いの仕方や所作を学ぶ事ができ、自然とそれらが身につきますので「大和撫子」に一歩近づくことが出来ます。凜として美しく振る舞うだけでなく、日本文化の歴史にも精通できるため、オススメです。着付けとセットで倣うと、相乗効果がありそうですね!日本舞踊を踊れるようになれば、会社の忘年会や結婚式などで余興を頼まれたときにも困りません。また、美しい所作や正しい姿勢が求められる日本舞踊は、全身の筋肉を使う有酸素運動なので、ダイエット効果も期待できますよ!華麗に舞って心身ともに大和撫子を目指しましょう。

学んでお稽古

圏内で探す、カルチャー教室
上に戻る
日本の文化を習おう!