日本の文化を習おう!
 

茶道

茶道とは、湯を沸かし、茶を点て、茶を振る舞う行為のことを言います。元々は同じ字で「ちゃとう」または「茶の湯」と呼ばれていました。千利休は「数奇道」、小堀政一は「茶の道」という語も使っていましたが、江戸時代初期には茶道と呼ばれるようになりました。海外では「Japanese tea ceremony」として岡倉天心が紹介し、以後その名前で定着しています。主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物が全体を構成する要素となって一体感を演出するため、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされています。

茶道の歴史

喫茶の習慣とわび茶の完成

初めて中国から体系的に茶の知識を持ち込んだ書物は唐の陸羽の書いた「茶経」と言われています。この本には茶の木の育て方、収穫方法と道具、茶の点て方、飲み方、歴史などが詳しく書かれています。茶を飲む習慣と茶の製法は平安時代に遣唐使によってもたらされました。当時の中国茶は現在の烏龍茶に似た団子状の半発酵茶と考えられています。この茶の色こそが現代の日本人のいうところの「茶色」です。当時の日本人は、茶を嗜好品としてよりも薬と捉えており、必要量のみを煎じて飲んだと考えたれています。しかしその当時はこの文化は根付かず、茶を飲む習慣は廃れてしまいました。鎌倉時代に、日本に禅宗を伝えた栄西や道元によって薬として持ち込まれた抹茶が、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広がって行きました。さらに茶の栽培が普及すると茶を飲む習慣も一般に普及していきました。室町時代になると、飲んだ水の産地を当てる闘水という遊びが発展し、闘茶という飲んだ茶の銘柄を当てる、一種の博打が流行します。また、本場中国の茶器「唐物」がもてはやされ、大金を使って蒐集し、これを使用して盛大な茶会を催すことが大名の間で流行しました。これに対し、村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説きました。これがわび茶の源流となっていきます。わび茶はその後、堺の町衆である武野紹鴎やその弟子・千利休によって安土桃山時代に完成されます。利休のわび茶は武士階層にも広まり、蒲生氏郷、細川三斎、牧村兵部、瀬田掃部、古田織部、芝山監物、高山右近ら利休七哲と呼ばれる弟子たちを生んでいきます。さらにはわび茶から発展し、小堀遠州、片桐石州、織田有楽ら流派をなす大名も現れました。現代では特に武家茶道あるいは大名茶などと呼んで区別する場合もあります。

習い事としての普及

江戸時代初期までの茶の湯人口は、主に大名・豪商などが中心のごく限られたものでしたが、江戸中期に町人階級が経済的に勃興すると共に飛躍的に増加しました。これらの町人階級を主とする新たな茶の湯参入者を迎え入れたのが、元々町方の出自である三千家を中心とする千家系の流派でした。このとき、大量の門弟をまとめるために、現在では伝統芸能において一般に見られる組織形態・家元制度が確立しました。また、表千家七代如心斎、裏千家八代又玄斎、如心斎の高弟、江戸千家初代川上不白などによって、大勢の門弟に対処するための新たな稽古方法として、七事式が考案されまし。これらの努力によって茶の湯は、庄屋、名主や商人などの習い事として日本全国に広く普及していったのです。ただ、同時に茶の湯の大衆化に拍車がかかり、遊芸化が進んでいったという弊害もありました。「侘び・寂び」に対する理解も次第に変質し、美しい石灯籠を「完璧すぎる」とわざと打ち欠いたり、割れて接いだ茶碗を珍重するなど、大衆には理解し難い振る舞いもあって、庶民の間で「茶人」が「変人」の隠語となる事態をまねきました。

現在の茶道

一方でこのような遊芸化の傾向に対して、本来の茶道の目的である「人をもてなす際に現れる心の美しさ」が強調されるようになります。この際に大徳寺派の臨済宗寺院が大きな役割を果たし、利休流茶道の根本とされる「和敬清寂」という標語もこの過程で生み出されました。各流派による点前の形態や茶会様式の体系化と言った様式の整備に加えて、「人をもてなすことの本質とは」と言った茶道本来の精神を見直すことによって現在の「茶道」と呼んでいる茶の湯が完成したのです。明治時代になると、封建制度が崩壊し、諸藩に庇護されていた各流派が財政的に困難に陥るようになりました。そうした中、裏千家十三代円能斎鉄中は一時東京に居を移して茶道再興に務めました。努力の甲斐あって有力財界人の関心を呼び、茶道が女子の教養科目として組み込まれました。このため茶道は、本来のわび茶とは別の「女子の教養」としての要素も獲得し、今では美しい着物姿での華やかな茶会が当たり前になっています。また明治の同時期に鳥尾得庵、田中仙樵は、利休が千家三流派など各流派へ茶道を分けたのではなく元々一つの流であったと唱え、多くの流儀の茶人達の旧幕時代からの伝承を一堂に集めて研究し、その成果を一般人へ発表することで日本の茶道を再び創りだそうとしました。戦後は海外にも茶道は広まり、茶道の大衆化は世界レベルとなっています。

つまづき続きならスキルアップの時期なのかも…

茶会の種類

茶事

茶事とは少人数のあらかじめ招待された客を対象にして亭主が行う密接な茶会です。ひとつのお椀で同じ濃茶を回して飲んでいくのが特徴です。昼食として懐石を供してから茶をふるまう正午の茶事が最も基本的な形とされていますが、趣向によって夏場の涼しい時間に行う「朝の茶事」、秋冬の長い夜をゆっくりと過ごす「夜咄し」などの茶事も行われることもあります。また、趣向によっては屋外を茶室に見立てる野点やテーブル・椅子を用いる立礼(りゅうれい)の茶事も行われます。

大寄せ

大寄せの茶会とは、多数の客を対象にして行う茶会です。炭手前・懐石は省略されることもあり、道具の拝見を省略することも少なくありません。催事の添え釜として行われることもあり、複数の茶席を設けて並行してもてなすこともあります。招待された客としてはもっとも気軽な催しの一つですが、亭主としては晴れがましい披露の場でもあります。

献上茶事

献茶とも呼びます。神社仏閣寺院の御前で行う茶事です。貴人茶碗で神仏へ茶を奉じます。一般の参加者を含む場合がほとんどですが、茶席は別に用意されていることが多く、お守りやお札を渡す場合もあります。

口切り茶事

10月末~11月初旬に家元で行う年初めの茶事です。5月に摘んだ茶葉を茶壷にいれ、保管した壷の封を切り臼を廻して抹茶にします。篩にかけ濃茶薄茶の味をみる茶事で、流派の1年を占う重要な茶事となっています。

オススメポイント

習い事に茶道をオススメする理由は、日本人らしい立ち居振る舞いを学ぶことが出来るからです。茶道の教室では、お茶の作法はもちろんのこと、和室への入り方・出方、正座から綺麗に立つ方法、和室でのマナー、綺麗なお辞儀の仕方など、日常生活でも役に立つ知識を得ることが出来ます。現在では少なくなってきてはいますが、まだまだ着物を着て和室に入る機会も多いはず。そんなときにさらりと正しい所作で行動すれば、あなたの評価もグンと上がるはずです。日本人なら身につけておきたい教養を基礎から学べる茶道はオススメですよ!

学んでお稽古

圏内で探す、カルチャー教室
上に戻る
日本の文化を習おう!